【10/19】バンクーバー5日目

またしてもあいにくの雨。途中土砂降り。めげずにショッピングなど。お昼は師匠とご一緒させていただき,おいしいラーメンをバンクーバーでごちそうになった。師匠は帰国され,何となく寂しい気分で観光。Vancouver LookoutやGas TownのSteam ClockやVancouver HarbourのSeaplane。お土産を買ってホテルへ。夕方はスタバでノマド。結果は残念。でも前向きに。夜は帰国に向けてパッキング。スーツケースのほぼ半分がお土産に。

【10/18】バンクーバー4日目

発表の日。緊張からか早めに自然と起床。まだ真っ暗な中会場へ。会場近くのスタバで朝食。朝一はKeynote。その後Concurrent Session。自分の会場となる部屋を見たり,興味のある発表を聞いたり。お昼は緊張であまり食事ものどを通らず。午後に自分の発表。準備のかいがあり,また師匠のご助言のおかげで無事に終了。オーディエンスは少なかったけど,その分和気あいあいとした雰囲気で,かつ好意的にディスカッションすることができた。いろいろな課題や収穫はあったが,3年前の国際学会発表よりもうまくいったことが何より。ご指導くださった先生方や応援してくださった皆様に本当に感謝。夜は打ち上げにステーキに連れて行っていただいた。3次会まで連れて行っていただき,贅沢な時間となった。本当にいい1日を過ごすことができた。

【10/17】バンクーバー3日目

こっちでの生活に少し慣れてきた。あまり苦労せずに朝ご飯を食べて,朝一でE-Learn会場へ。Registraration。Workshopに出るだけ出た。午後はホテルに戻って発表に備えたり,論文を修正したり,Translationをしたり。夜は師匠と合流し,シーフードをごちそうになった。特に西洋わさびと牡蠣はめちゃくちゃうまくて,ホタテもめちゃくちゃうまかった。ホテルに戻って,論文を投稿して最後の発表準備をして就寝。

【10/16】バンクーバー2日目

朝食を食べるだけで,システムとか会計のタイミングとか場所とかを確認するのに一苦労。外はあいにくの雨。ホテルで1日発表練習に打ち込むことに決定。コンビニに1日分の飲食物を買いにだけ行って,ホテルにこもった。夜に師匠がバンクーバー入りされ合流。焼肉をごちそうになった。知っている店が現地流にアレンジされていたことなど発見もたくさん。解散してホテルに戻って質疑応答への備え。

【10/15】バンクーバーへ

まずは成田空港へ。搭乗のチェックインやWi-Fiレンタルや両替などして,ラーメンを食べて搭乗。バンクーバーへ8時間半のフライト。機内は暗かったので移動中はほぼ映画。日本時間の17:00に出発して,到着したのは現地時間の9:30頃とタイムトラベル。英語力のなさ故に入国手続きとかも不安だったけど何とか。電車でバンクーバーの市街地へ移動。ホテルに荷物を預けて街中を散策したりMuseum of Vancouverへ行ったり。ハロウィンのイベント中でコスプレさん多数。ジブリエヴァや侍など,日本発信のものもかなり。ホテルに戻って早めに就寝。普通に考えれば徹夜して昼くらいまで起きている計算。そのままの意味で長い1日だった。

【10/14】東京

早朝に大きなカバンと共に家を出発して,新幹線の中でいろいろと打ち合わせ等々しながら東京へ。1日会議。夜は御徒町泊。

【10/13】大学で1日

午前中から大学。主に発表準備と博論執筆。早めに帰宅して出発の準備。